« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年2月21日 (月曜日)

スパゲッティをすすってはならない理由

えー、皆さんはスパゲッティを食べる時にすすりますか?
私はすすりません。絶対に。

この“スパゲッティをすするな”というのは西洋料理に於けるマナーと、日本文化の相違の点で極めて興味深いテーマであり、また西洋料理店に於ける最も有名な掟の一つでもある。

マナーという観点では、慣習と美的意識からに由来するものだろうとは思われるのだが、他にもう一つの要素があるのはご存じだろうか?
その要素とは…である。

味?えーと何か?“すする”と“すすらない”では味が変わるってゆーこと?
そのとおり。

このことは実はある本の受け売りで、その本を読んでからというもの特に意識して食べるようにしていたりします。
そのある本とは…『雁屋 哲〔著〕: 美味しんぼ探偵局(角川文庫)』である。
次にその(長い)一文を引用する。


よう子は、かねてから、日本人がスパゲティを食べる際にそばやうどんを食べる時のように音を立ててすすりこむのを不愉快に思っていた。単にスパゲティが西欧の食べ物だから西欧の作法に則って音を立てずに食べる可きであると言うだけでなく、スパゲティは必ず何らかのソースをからめて食べる訳だが、そばを食べる時のように音を立ててすすりこむと、口の中にはスパゲティだけ入り、ソースは皿の中に落ちてしまって、麺とソースが渾然一体と融和して完成するスパゲティ料理の真の味わいが失せてしまうのを、傍で見ているのがもどかしかったからだ。


いーですか、皆さん。

麺とソースが渾然一体と融和して完成するスパゲティ料理の真の味わいが失せてしまうんです!

如何にスパゲッティを“音を立ててすする”ことが料理としての完成度を削っているのか、分かっていただけましたでしょうか?
皆さんも明日から是非、“スパゲッティはすすらない!”を実践してみてください(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月20日 (日曜日)

ナショナリズム

随分久しぶりの投稿ではありますが、今日はまじめな話を。
今日(2/20)の中日新聞朝刊の社説ご覧になりましたか?

「改憲を論議する環境」
http://www.chunichi.co.jp/00/sha/20050220/col_____sha_____000.shtml


これを読んで「ようやくマスメディアが的確なことを書いてくれた」と思い、日本の報道関係者が腐りきっていないことに少し安堵しました。
特に共感したのは次の部分。

 さらに警戒すべきは、中国、北朝鮮などに対するここ数年のナショナリズムの高まりです。

 歴史、伝統を恣意(しい)的につまみ食いしたり、感情的な排外主義を声高に唱える政治家の人気が高く、異論を唱えにくい社会の雰囲気が生まれています。

 武器を携行した自衛隊の海外派遣にも多くの国民はさしたる抵抗感を覚えなくなりました。

 軍事機密の範囲を拡大した自衛隊法改正、「人権保護」の名により言論、報道の自由を制約する個人情報保護法の制定や人権擁護法案の国会再提出計画など、国民の目と耳をふさごうとする動きが盛んです。

 “やさしい顔のファシズム”との評さえある、このような環境は、冷静であることが必要な憲法改正論議にはふさわしくありません。


やさしい顔のファシズム”。言い得てるなぁと思います。
私は日本という国が好きですし、外国文化より日本文化を掘り下げることに大変興味があります。ですから、自国を愛するという気持ち“愛国心”を持つということは大事なことだと思います。
しかし、ここ1・2年のナショナリストは“愛国心”を、“他国家を見下す心”或いは“異文化を認めない心”としてしか取り扱っていない気がするのです。

先ほども書きましたが、私は日本が好きです。ですが、今のナショナリズムには全く共感できません。
逆にもし、あなたが今のナショナリズムに共感を覚えているというのなら、茶色の朝』をぜひ読んでください。
その甘い考えが、いつか我々の社会・人生を狂わせていくか、よく分かると思います。


社説本文にもあるとおり、多くの政治家やメディアはもちろん、有名な作家・学者も“やさしい顔のファシズム”に冒されています。
日本人は現在の状況が『如何に異常であるか』を認識し、選挙など有効に国民の意思が反映される場で政府を牽制していく必要があるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 4日 (金曜日)

CMについて徒然と

私の愛読している雑誌の一つが「CM NOW」だったりします。
今回は最近放映されているCMについて思ったことを書いてみようと思います。


日本和装
 飯島直子の歌は聴くに堪えないと思う。


エイブル
 セカハンの歌は良くできていると思う。


アフラック
 恩返し篇の矢田亜希子は可愛すぎると思う。


ミスタードーナツ
 相武紗季は色々頑張っていると思う。


BAA
 あの歌は繰り返すと覚えてしまうお経のようだなと思う。


東芝 携帯電話 W21T
 BoAの「メリクリ」はクリスマス限定じゃなかったんですね。


爽健美茶
 森山直太朗のサウンドロゴは「さくら(独唱)」以来のヒットかも知れない。


今日はこの辺で勘弁したらぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年2月 1日 (火曜日)

JUSTSYSTEMがんばれ

ジャストシステム、東京地裁での敗訴を受け会見
 ~ただちに控訴、製品販売も継続(PC Watch)

おいおい、この裁判官あほだろ。
松下も松下だ。一体何をしたいのか。(金を取りたいのが本音だろうが)
特許を取った当初は斬新なアイデアだったかも知れんが、GUIがパソコン用OSやアプリケーションに採用された時点でこんなこと(今回問題になっている特許)意味が無くなることは予見できたはずだ。

特許庁のDB(特許番号2803236)も見たが、そもそも何でこんなものが特許として認められたのか大いに疑問。
これで法外なライセンシーを取るというのなら悪質すぎる。

一応私も一太郎インストラクター資格を持つ者なのでJUST贔屓な意見と取られるかも知れないが、IT関連及びソフトウェア業界は大方JUST側に味方するだろう。
松下もお子ちゃまが駄々こねるようなことをやってないで、和解に応じなさい。

なお、既に報道されているとおり、製品の出荷停止と在庫の廃棄は行われないので店頭で見かけてもお店の人に文句を言わないよーに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »